初めての推し、あるいは、好きな人との出会い。

さて、前回のブログでは、ジャニーズとの出会いについて書いた。


今回は、初めて好きになったジャニーズについて書きたいと思う。


2005年に姉がジャニーズにハマり、その頃の姉はといえば、当然のようにKAT-TUNとNEWS(というか山P)と嵐をよく見ていた。


姉は、ジャニオタというよりは、ミーハーな普通の人なので、周りがハマる、あるいは世間で流行っているジャニーズに当然のようにハマっていたのである。


しかしここで説明したいのが、姉はミーハーな普通の人である。オタクではない。


姉は知る限り、現在に至るまで一度もジャニーズのファンクラブには入っていないし(他のアーティストのファンクラブに入っている)、「会いに行こう」という動きを見せたことはない。


あくまで、テレビの向こう側を楽しんでいるのである。


音楽は聞くので、NEWSやKAT-TUNや嵐のCDやアルバムは、家にあった。


他のアーティストのモノに混ざって。


私が聞くことは許されなかった。



出演するバラエティをよく見ていた。あるいは音楽番組を。


他のものも、もちろん見ていた。


姉が面白くないと判断するとすぐに別の番組になった。




ドラマのDVDが家にあった。



父が買ってくれるからだ。



なお、私が見ることは許されず。

というか家で見ているところを見た記憶もなく。

いつの間にか無くなっていた。



そのような感じで、私も姉のようにテレビの前で見る日々だった。


会いにいくという考えは浮かばないのである。


だってそもそも、会えるなんて知らなかった。


ライブって何って感じだった。




そうこうしているうちに、2006年、姉がジャニーズを追う一環で、一緒に見たドラマがあった。


探偵学園Q


それも、SPドラマ版である。


そもそも推理小説が好きだった私は、ストーリーにハマり、キャラクターにハマり、キャストにハマった。


神木隆之介くんも、志田未来ちゃんも知っていた。

同世代ちょっと上、いわゆる憧れと親近感が程よくブレンドされた「好意」を抱きやすいポジショニングのテレビの中の人だった。


その中に彼もいたのである。


山田涼介



私の、初めての推しであり、始まりの推しである。



彼はかっこよかった。


まだ、完成されていなかったが(当時の写真を見ると、やはりいまに比べてあどけない)


しかし、人には好みの顔というものがあり、好きな顔だった。


簡単に言うと、左右対称な丸顔が好きである。



何より当時売れていた方々は、20歳を超えていて、私は小学生で、遠かったのである。


20歳の時に見る30歳と、10歳の時に見る20歳。

この距離は全く違う。


山Pはかっこよかった。異次元なくらいに遠く。

KAT-TUNもかっこよかった。ただちょっと怖かった。

嵐もかっこよかった。ただ、よく知らなかった(まだ2006年である)


みんなみんな好きだったけど、小4の私には、山田くんが近くて遠くてちょうどよかったのである。(失礼は承知の上だ)




結果として、2007年の3月に姉と離れて暮らす時の私のスタンスは、


山田くんが好き(ただ、何を見ればいるのかよくわかんない)


ドラマを見るのが好き。


KAT-TUNとかNEWSとか嵐とか知ってる人がいたら見てみよう。


という感じだった。



次回:初めて好きになった人のデビューと我が家にHDDが来た(2007年の話)