入口という概念〜一般人を魅了する自慢の自担〜

さてさて、今回はこんなテーマです。



わたしが、新規の方に対して思うこと。




新規の中でも特に、「今までジャニーズに興味なかったんだけど、◯◯くんを見て、好きになっちゃった」という方を見て思うこと。






一般人を魅了する自担凄くね?





いや、だって、ジャニーズに興味がないという方を魅了するというのは、既に他のジャニーズの方を好きな人を魅了することに比べて難しいと思うんですよ。

(後述しますが、機会の有無の問題で)



もちろん担降りさせるとか、それとはまた別で。


好意や好奇心やなにかしらのプラスの感情を持ってもらう。


ということのみに関していうと比べるべくもないと思います。



いままで、ジャニーズに興味がなかった、あるいは、ジャニーズにマイナスの感情を抱いていた人をも、魅了し、プラスの感情を抱かせることが出来る。



凄いことですよね?



先ほど書きましたが、ジャニーズに興味がない人、マイナス感情を抱いている人(長いんで今後は、『一般人』と記述します)



そういう方が、ジャニーズに触れる機会とはどういったものがあるか。という話なんです。



まず、直接会いに来る(コンサートとか舞台とか)は、まず可能性が低いですよね。


いわゆる友人に誘われてパターンもあるとは思うんですけど、まったく興味が無かったら流石に見に行こうと思わないと思います。



コンサートDVDや、CDも難しいですよね。


ジャニーズは、一曲単位で購入とかも難しいですし、昔のように買うものを決めずにCD屋でCDを選ぶ人もさほど多くないと思います。


やっぱり、アイドルとしての真髄と言いますか、1番輝いている作品であると思うだけに、そのハードルの高さが惜しいなぁと思わざるを得なかったりします。



となると、可能性としては、バラエティとか、ドラマとか、音楽番組とか、いわゆるテレビ番組が多いと思うんです。


機会としては、そんなに多いわけではないですよね。


たまたま、出ている番組の、活躍している瞬間を見てくれて、好きになってくれる。


ものすごい確率だなぁと思います。


よくぞ、そこで目をつけてくれた!すごい!とすら思います。


同時に、短い時間で、一般人を魅了することができる自担を誇らしく思うわけです。


例えば、最近?だと、Sexyモーニングとかありましたね。


他にも、そもそもジャニーズの諸先輩がたもそうやっていろんなジャンルで、いろんなアウェーで、道を切り開き、ファンを増やしてきたんだと思います。



わたしは、自分の自担がそんな存在になったら素敵だなぁと思います。




そんな存在のことをAKB界隈では、入口と呼びました。

 

(昔AKB畑にいたのでついつい話を持ち出しちゃってごめんなさい)



例えばAKBが売れてきた時期では、篠田麻里子さん、小嶋陽菜さんがそのポジションを担っていたという記憶があります。



ジャニーズもそうですがAKBも、AKB関連の仕事(コンサート、握手会、冠番組)と、外部の仕事(バラエティ、ドラマ)とかがあります。



基本的には、AKB関連の仕事を通して、AKBを一度好きになった人に好きになってもらうということが一般的だと思います。



一方で、外部の仕事で、AKBに興味が無かった層を引っ張りこめる人というのは、希少価値であり、重宝されました。



それは、新規を獲得できなければ、界隈が萎んで行くからです。



特にAKBは、どんどん人数が増えていますし、グループの数も増えています。


それに伴って、オタクの数も増えなければ、一人当たりに対するオタクの量は必然的に減り、それは、経営モデルとしての破綻を意味します。(今はAKB全く追ってないので詳しくは知らないですけど)



加えて、AKBは、ジャニーズに比べて卒業が不可欠でスパンが早いですから、推しの卒業とともに界隈から去って行く人のことを考慮に入れると、なおのことそうです。




ファンの数は多ければ多いほど良い。




私はそう思っています。


 


それは、ジャニーズに関してもそうだと思います。



一個前のブログでも書きましたが、私は億万長者でもなければ影分身の使い手でもありません。



1人でミリオンヒットさせることもできなければ、ドームを埋めることもできない。



わたしではない、わたしの好きな人のことを好きな『誰か』の存在がなければ、わたしの好きな人が、活躍し続ける姿を、見ることは出来ません。




もちろんマナー問題とかは、言われることだと思います。


それは、前回も書いた割合の問題がひとつ。



そこを除けば、教えれば伝わる人ばかりだと思います。



だから、良さを、楽しい、正しい応援の仕方を伝えて、一緒に応援していく。そういう姿勢でいきたいなと思っています。



あるいは一方で、昔から、この界隈では『常識』とされていることが、時が経ち世間一般では、非常識になってしまっていることもあると思います。



そういった新しい風、新しい見方を、受け入れるべきは受け入れていくことも大切だと思います。



新規さんと仲良くしたい。一緒に応援していきたい。



なんなら、わたしもまだまだ新規です。



そして、新規さんを、わたしを、魅了する自担は、今日も今日とて、かっこよくて、凄い。